La la lan 海外滞在記-マレーシア1年生-

結婚3年目、ゆとりでミーハー、マレーシアなう

【マレーシア就職】マレーシアで働くということ その③

大変なこともあるけど、私は元気です。

 

f:id:takitatenogohan:20191030234857j:image

 

ここまで、「仕事を探す方法」と「留意点」を書いてみました。

ちょっとネガティブなこと書いたので

怯えた方もいると思いますが、

今回はマレーシアに来てみて・働いてみてかったことを書こうと思います!

 

内容は、あくまでもわたし個人の意見や感想です。

他の企業や在住者からすると違う点もあると思うので

すべてを鵜呑みにせずに参考程度にしていただけると幸いです。

 

--------------------------------------------------------------

目次

1、仕事を探す方法

  (1)求人媒体から登録

  (2)人材紹介会社に登録

  (3)友人の紹介(リファラル)

       (4)駐在

 

2、留意点

  (1)英語力0でいいはウソ

  (2)これまでの経験を活かせないこともある

  (3)ブラック企業もある

  (4)お給料は結構低い

  (5)虫

  (6)その他

 

3、マレーシアに来て・働いてよかったこと

  (1)英語力UP

  (2)日本では体験できなかった

     異文化・日本人との交流

  (3)衣食住、生活するのには困らない

  (4)焦らなくていい

       (5)絆が強くなる

  (6)その他

--------------------------------------------------------------

 

前回までの記事はこちら!

 

仕事を見つける方法_______

www.ricopeace.com

 

働いてみて悩ましいこと_____

 

www.ricopeace.com

 

 

(1)英語力UP

わたしの職場は英語と日本語が半々ほどです。

職場や職種によって感じ方は違うと思うのですが、

日常生活で英語を使用したり、

会社でも使用する頻度が高くなったので

以前に比べて英語を使うことに自信がつきました。

しかも半年ほどたって、急になんか聞こえる・・・ようになったのです。

 

自信がついたというか、怖くなくなりました。

もちろんまだまだ語彙力も足りないし、言葉に出そうとすると詰まるので

勉強しなければなりません。

 

ただ、実際に生活や実務で

これまで勉強してきたことを強制的に実践できたり、

日本と同じように第2外国語が英語なので

完璧な発音や文法でなくて大丈夫なので、かなり助けられました。

高学歴そうな人は発音がきれいな気がします。

 

これは、マレーシアを選んでよかったと思います。

 

 

(2)日本では体験できなかった、異文化・日本人との交流

 

多民族国家ならではの体験ができることはおもしろいです。

とくに、日本でなかなか触れ合うことが少ないイスラム教の方々。

最初は、ヒジャブにもびびっていましたが、

今みるとみなさん服装の組み合わせも考えていて

カラフルでかわいらしい。

 

遠い中東では事件も多発しており、怖い印象を受けられる方もいると思いますが、

比較的おっとりした方が多く、優しい方も多く見受けられます。

もちろん、日本にいても事件事故があるように

こちらにだって事件事故や海外ならではのトラブルもあるので

日ごろから注意は必要です。

 

とはいえ、日本では体験できない

ハリラヤやディパパリなどのイベント

リアルタイムで体験できるのは新鮮でおもしろいです。

 

またSNSを通すと、日本では知り合えなかったような方々と仲良くなれることもあり、

交友関係が広がることで休日も楽しくなるので

自分の世界観も広がっているのを実感します。

 

 

(3)衣食住、生活するのには困らない

 

マレーシアのコンドミニアムは

長く住むと賛否両論あると思いますが笑

基本的にきれいで、割と設備も整っており

プールにジム、場所によってはBBQルームなどの

ファシリティも揃っているので

都心で暮らすよりも大変コスパが良いと思います。

 

また、生きるうえで大切な食についても

基本的にどれもおいしいです。

もし仮に、現地のごはんが脂っこくて

毎日食べるのは飽きてきた(わたし)のなら、

日本食も割高ですが充実しています!

 

困ったときのすしざんまい(大好き笑)

f:id:takitatenogohan:20191101135643j:image

 

CoCo壱のカレー!
f:id:takitatenogohan:20191101135647j:image

牛丼、ラーメン、焼肉・・・などなど。

日本食は割高なのでたまにしか食べませんが、

恋しくなったときにすぐ食べられるのは嬉しいです。

もちろん、日本食だけでなく世界の料理が楽しめます。

 

 

また、スーパーや市場なども充実しているので

自炊をするにも困りません。

AEONやISETANをはじめとする大き目のショッピングモールもあるので

日本人になじみのある食材も多く手に入れることができます。

 

洋服も、日本人になじみのあるユニクロやH&Mなども

充実しているので特に困らないです。

職場の服装も日本より緩めなので、

露出しすぎない程度に服を着ればおっけーな雰囲気ですが、

防寒対策のほうが重要かもしれません。。。

 

 

(4)焦らなくていい

 

せかせかする人がいなく、よっぽど重要事項ではないかぎり、

お休みだったらしょうがないね、具合が悪いならしょうがないね、

など基本的に寛容です。

 

金曜もイスラム教のみなさんがお祈りする時間があるためか

午後からもはや終了した雰囲気。

もちろん忙しいときもありますが、

暇になるとみんな何しているかわかりません。

よくトイレに長期滞在している人もいます笑

会社によっても違うと思います。

 

駅中でダッシュするひとも基本的に見ない(過去1回だけ見たくらい)ほど

のんびりゆっくり歩いています。

ただ、自分の半径30cmくらいしか見ていない人が多いので

こちらが急ぐとぶつかりそうになります笑

カーブミラーがほしい

 

なので、都心の生活に疲れてしまった方にも

もしかしたら過ごしやすい雰囲気なのかもとも思います。

歩くのが遅くなった気がするので、東京が若干怖いです・・・笑

 

 

  

 (5)絆が強くなる

 

これは夫婦で来られた方であるかな、と思うのですが、

日本で生活していたときよりも、

わからないことやトラブルに見舞われるので

一緒に解決していくことで、よりパワフルな夫婦になっている気がします笑

 

日本と変わらず、時々けんかをすることもありますが、

滞在中の一番の理解者・協力者なので

より信頼関係が強くなった気がします。

 

また、友人関係も基本的に”海外生活””マレーシア”など

共通のワードが多いので、はじめからフィルターがかかります。

会った日にはお互いを励ましあって、ストレスも発散できるので

日本でだれとでも仲良くなれるというよりも

最初から絆が強めの友達ができやすい気がします。

  

 

(6)その他

 ざっくり書きますと・・・

 

✔働くことで早くなじめる

 玄関のドアを開けたら、毎日旅に出るような感じです。

 現地の人と同じ行動をすることで、慣れるスピードが早くなります。

 

✔日本との時差が1時間だけ

 マレーシアのほうが1時間遅いので、

 日本にいる家族や友人と連絡を取りやすいです。

 あまり時間を気にせず日本にいる人と連絡をとれるのは

 かなりいいと思います。

 

✔気にしなくていい

 のんびりしている国だからでしょうか。

 時間にルーズでも基本大丈夫だし、

 体型もあんまり気にしてないかんじ。

 どうでもよ、と思います。(これはドライすぎるか・・・)

 脂っこいごはんが多いから健康には気を付けたいですね。。

 

✔親日な方は多い

 日系企業だと、日本を好きな人が多いので

 日本語や文化に興味をもってくれるので嬉しいです。

 マンガ・アニメ文化ありがとう涙

 

満員電車が満員でない

 混んでいる電車はありますが、おしくらまんじゅうするような

 東京のピークまではいきません。許容範囲です。

 

✔病欠がとりやすい

 もはや仮病もいるだろ、というくらい病欠が取りやすいです。

 しかも基本的に有給です。

 

✔映えるスポットが多い

 8割ほどはローカルごはんなマレーシアですが、

 結構おしゃれなカフェがたくさんあるんです。

 また、お酒が好きな方にも朗報で、

 さらにルーフトップや、カクテルがおいしいバーなど

 少々高めではありますがお酒を堪能できるところもあります。

 

✔エアアジアが安い

 東南アジア圏内や国内の離島であれば、数千円で飛ぶことができます。

 日本から旅行に来るよりも、はるかに金額を抑えられるのはありがたいです。

 また、エアアジアに限らずそのほかの飛行機も

 タイミングが合えばそれなりに金額を抑えられるのも

 アジアのいいところだと思います。

 

✔ワインがおいしい

 わたしは日本でワインを飲むと必ずといっていいほど

 頭痛がするのであまり好きではなかったのですが、

 マレーシアで飲むワインは結構平気なんです。

 防腐剤が入ってないのかな・・・? 

 

✔メイク道具に困らない

 あまりこってりとしたメイクをする人は見かけませんが、

 たとえ日本から持ってきたメイク道具がなくなっても

 薬局などで購入できるので問題ありません。

 またSephoraやヴィクトリアズ・シークレットなど、

 日本ではあまり展開していない店舗もあるので、楽しいです!

 

✔いい意味で日本の生活をリセットできる

 無駄なメルマガやDM、支払い系、いらない洋服など・・・

 無理矢理でも清算しなかればなりません笑

 ただし、長期滞在される方の税金系は要注意です。

 (特に、住民税と年金)

 

 

***

 

途中からあまり就業と関係なくなってしまいましたが、

総じて意外と便利で、生活しやすいです。

仕事もそこまで選ばなければ、すぐに見つかるし、

英語力があればより専門的な仕事をすることができます。

 

働きやすさは、前回にもあるように

職場やその人の性格によっても異なります。

1社目で最高と思う人もあれば、何社回っても微妙だし帰国しよう

と考える方もいると思います。

でも、来ただけでいい経験ですよね。

 

もちろん、トイレのきれいさや衛生面をはじめ

日本のほうがいいとも思うところもありますが、

少し長めに住んでみて、

それぞれの良し悪しを感じられるようになってきました。

 

もし、東南アジア内でどこの国か迷っているのであれば

マレーシアはオススメだと思います。

隣国と比べても、コスパがよく、英語も通じやすいですし、

いろんな食事を楽しめて、移動にもそれほど困りません

日本人も多く住んでいるので、困ったときには頼りになります。

初めての海外生活でも、比較的いいと思います。

 

前述にもあるように、もし迷っているのなら

一度飛び出してみるのは大いにアリです。

日本では出会えない人や、経験できないことがあります。

長い人生のうちのほんの数か月数年ではありますが、

海外に滞在することで、その人をパワーアップさせるでしょう。 

 

もちろん、勢いで飛び出すのもいいのですが、

せっかく就業したり住むのであれば、

叶えたいことがあるとより楽しくなると思います。

 

ちなみに、わたしは駐在にくっついてきた身なので

滞在期間が決まっています。

なので、叶えたいことは

✔TOEIC850点超え(あと100点くらい足りない…)

✔HSK3級

✔転職する(もはや趣味のレベル)

✔コーチングの勉強

✔筋トレを続ける(永遠のテーマ:痩せる)

✔KL市内のアフタヌーンティー制覇

✔KL市内のホテル滞在を趣味にする

を軸に、いろんなことにトライしてみたいと思います。

言霊作戦!笑

※日本に戻ったら、キャリアコンサルタントを取りたいです。

 

わたしがここまで考えたくなるのは、滞在の期間もある程度決まっていて

やっぱり帰国したときのことを考えると浦島太郎になることが心配なので

どんな自分になって帰りたいかを想像する気にしいな性格だからです。

せっかくの人と違ったチャンスを得ているので

戻ったときに誰よりも自分を褒められるようになりたいですと思います。

 

まだ滞在期間はあるので、マレーシアのいいところや経験を

書いていきたいと思うので、これからもよろしくお願いします。

 

 

☆転職ならマイアジサポート☆

マレーシアで働く夢を応援します*********

myasianlife.net

**************************************************